歯科コラム

  1. 池田市 医療法人タクト会 ハーモニーデンタルクリニック HOME
  2. 歯科コラム
  3. 治療中断ベスト5

治療中断ベスト5

誰でも痛みや異常があればすぐにでも診てもらいたいですよね!?

でも治療が進み、だんだん痛みもなくなってきた…もう行かなくて大丈夫かな!?

なんて思ったことはありませんか!?

 今回は歯の治療中断で起こるトラブルベスト5を紹介したいと思います。     ※All  Aboutより引用

 

第5位 応急処置での放置

親知らずなど腫れた際、歯の周囲を洗浄したり 膿を出す為に歯茎の一部を切開するなどして、応急処置が行われます。一時的に症状が改善するとそのままで様子を見たくなります。

が、応急処置を繰り返すだけではだんだん状態が悪化する場合も多く、根本的な解決にはなりません!応急処置が終わった後に本格的な治療が始まるのです。

 

第4位 虫歯を薬で埋めたままでの放置


新しい虫歯を発見した時いきなり削って詰めたりせずに、歯の神経を鎮静させる為の薬を入れしばらく様子をみることがあります。鎮静効果もあり、痛みが消え 穴も塞がるのでこの段階で放置してしまう方も多いようです…。しかし、この処置もあくまでも仮の詰め物の為 内部の虫歯をきちん取っていないことも多く、時間が経過し 虫歯が悪化してしまうことも多いのです。

第3位 仮歯のままの放置

 

一時的に見た目が元に戻るのが、プラスチック状の樹脂で歯に被せ物などを作る仮歯です。

手軽で見た目も良いために被せる前に作られることが多いですが、長時間の使用には素材的に耐えることが出来ません。仮歯は時間が経過すると次第に磨り減ります。磨り減ってしまった部分は歯の移動によって補正が起こり、噛み合わせもくるってしまい 改めて治療を開始した時に追加で歯を削ることになってしまうのです。

 

第2位 被せ物などの型を取ったまま放置

型を取ってから1~3ヶ月経過してしまうと、被せ物の適合がずれてしま


うことも多く 調整に時間がかかったり、最悪の場合、歯の根や頭が折れて抜歯になることもあります。

気になる第1位は…

 

 

第1位 歯の神経を取ったまま放置

d_13 (1)

歯の神経を取り除く治療を行った後や、歯の神経が腐ってしまい歯の根の治療を行っている場合など…主に歯の内部の治療を行っている時は中断すると後のダメージが特に大きくなります。歯の内部は抵抗性が弱い為、放置されると虫歯が進行したり 膿がたまって、治療前よりも悪化してしまう場合がほとんどです。歯の根の治療は繊細で難しい治療でもあり、週に1回ぐらいのペースの通院でも、神経の本数に比例して回数がかかります。

しかし、ここで中断になってしまうと歯の寿命を一気に縮めるので注意が必要です。

 

<<     >>

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る