歯科コラム

  1. 池田市 医療法人タクト会 ハーモニーデンタルクリニック HOME
  2. 歯科コラム
  3. 子供の歯並び・小児矯正について

子供の歯並び・小児矯正について

子供の歯並びを矯正したほうがいい理由
お子さんの矯正治療をお考えのみなさん、
矯正治療はなぜ必要か知っていますか?

おそらく多くの方は、「矯正治療は歯並びをキレイに整えるためのもの」とお考えではないでしょうか。もちろん、それは正解。しかし、ここで考えていただきたいのが、お子さんにとってなぜ矯正治療が必要か?ということです。

 

大人と何が違う?小児矯正の役割

column_img01

お子さんは体の成長とともに、顎も成長していきます。顎の成長について考える機会は少ないと思いますが、顎は歯と密接な関係があります。実は顎が成長して大きくなることで、乳歯よりも大きな永久歯が生えてくるのです。

つまり、顎の発育が悪かった場合は、歯が生えそろうスペースが足りなくなり、歯並びが乱れてしまうというわけです。小児矯正のメリットは、キレイな歯並びを実現するだけでなく、将来的に永久歯がキレイに生えそろうための準備をすることでもあります。

お子さんの歯並びが気になる場合は、一度当院へお越しください。

 

小児矯正のタイミングはいつ?

乳歯から永久歯に生え替わる時期
6歳くらいになると乳歯から永久歯に生え替わり、まず上下の奥歯(6歳臼歯)が生え替わります。歯科医師の間では、この歯の生え方で永久歯の歯列全体が決まると考えられています。6歳臼歯が生えてきたら、一度歯科医院へ診察にお越しください。

 

永久歯が全て生えそろう時期
12歳くらいになると、親知らずを除く28本の歯が生えそろいます。この段階で、すでにキレイな歯並びをしていれば矯正治療は必要ないかもしれません。ただ、八重歯など、部分的に歯並びが乱れている場合には全体の歯並びが乱れる原因にもなるので、歯科医院でチェックを受けたほうがいいかもしれません。

 

顎の成長が終わった時期
永久歯が生えそろい、顎の成長が終わってからでも、健康な歯と歯ぐきがあれば、何歳になっても矯正治療は受けられます。

 

<<     >>

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る