歯科コラム

  1. 池田市 医療法人タクト会 ハーモニーデンタルクリニック HOME
  2. 歯科コラム
  3. マタニティ歯科

マタニティ歯科

妊娠したら、歯医者へ行こう

マタニティ歯科とは、妊婦さんのための歯科治療や妊娠中のケアのアドバイスなどを行う診療メニューです。妊娠するとホルモンバランスが変化したり、食べ物の好みが変わったりと全身にさまざまな変化があらわれてきます。このページでは、マタニティ歯科でお伝えしている内容をお伝えします。現在、妊娠中の方、あるいはこれから妊娠される方はぜひ参考になさってください。

 

妊娠中によくあるケアの問題

column_img02

1.歯ブラシを口に入れられなくなる
つわりの影響で、口の中に物を入れるのが気持ち悪くなってしまう場合があります。歯ブラシを口に入れられない場合には無理に入れず、ティッシュで歯の汚れをふきとったり、口をすすぐといった簡単なケアに置き換えましょう。

2.歯磨き粉が使えない
歯磨き粉の味が苦手になってしまう場合があります。そうしたときには、歯磨き粉を変えてみるか、もしくは歯ブラシに水を付けて磨くようにしましょう。歯磨き粉自体は重要ではなく、実は磨くことのほうに意義があります。

3.口の中が酸性に傾きやすい
妊娠期は口の中が酸性に傾きやすくなります。口の中が酸性に傾くと虫歯菌が活発になり虫歯になりやすくなるので、いつも以上にしっかりとケアや予防に努める必要があるといえるでしょう。

PICK UP 妊娠中に注意したい!「妊娠性歯周炎」の話妊娠中はホルモンバランスの変化により、歯周病になりやすくなります。妊婦さんがかかる歯周病を「妊娠性歯周炎」というのですが、この病気を防ぐためにもマタニティ歯科の受診は欠かせません。

 

【妊娠性歯周炎の悪影響】一般的な歯周病と同様に、当然ながら症状が進行するほど、体への影響はでてきます。はじめは、歯ぐきの腫れ・出血からはじまり、やがて歯を支える顎の骨を溶かしていきます。そして、妊娠性歯周炎の影響はこれらにくわえ、早産や低体重児出産の恐れがあることです。健康なお子さんを産むためにも、マタニティ歯科を受けて妊娠性歯周炎を防いでいきましょう。

 

妊婦さんのための取り組み

麻酔薬はできるかぎり使いません
当院では、胎児への影響を考慮してできるだけ麻酔薬の使用を控えています。まったく使わないと痛みが出てしまうため、無痛分娩に使われる麻酔薬の量よりは少ない量を使用します。

デジタルレントゲンを使用しています
当院では、放射線の被ばく量が少ないデジタル・レントゲンを使用しています。なおレントゲン撮影前には、事前に体への影響についてご説明したうえで、できるだけ回数を減らして撮影しています。

お薬はできるだけ少量に抑えます
妊娠中の治療に際して、痛み止めや抗生物質などの薬剤はできるだけ少量を使用することにしています。

 

<<     >>

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る